Top > ドラマ > ハマっているドラマ

ハマっているドラマ

ハマっているドラマがある。「嫌われる勇気」というドラマである。香里奈主演のドラマで、事件を解決するために必ずアドラー心理学の考え方が関わっている。大学教授に扮する椎名桔平がアドラー心理学の説明を毎回してくれるのだが、それがなかなか興味深い。 私は大学で心理学を学んでいるのでたまに知っていることはあるものの、ドラマ内では用語を具体例を用いてかみくだいで説明してくれるのでとても分かりやすい。毎回自分の身に置きかえて考えさせられる。先週の内容は「課題の分離」についてであった。人は自分に課された課題以外の他者の課題に首を突っ込む傾向にある。それがその人を不幸にし、余計なことなのだというセリフがあった。子供を持つ親は、子供に対して勉強するようにガミガミ言うのが普通だがそれも課題の分離には反しているという。親も子供のためと言いながら結局は自分の体裁を良くするためや周りの目を気にしてこその行動であるからだ。確かに自分に関係のないことをくよくよ悩んでしまうことは杞憂である。だが現実世界では自分ではそうは実行できない。そんな時このドラマの主人公が自分のことと事件解決のことのみ考えている様子を見て、なんだか清々しい気持ちになるのである。

交通事故弁護士被害者

ドラマ

関連エントリー
ハマっているドラマ